右脳系エンジニアのブログ

エンジニアとしての生き方のプロトタイピング、新しい社会のプロトタイプづくりをしています。

【起業して2年】期待に応えようとしすぎて自爆してはいけない

起業して2年がたった。 2016年は自分にとってとても厳しい年であったが、たくさんの学びが結果として得られたのだ、と思うために、自分を振り返ることにした。 結果として、「期待に応えようとしすぎて自爆する1年」だった、というのが現状の結論だ。 価値…

最低賃金の上昇で、低所得層の暮らし向きは豊かになるか

最低賃金を24円上昇させる方向で調整、というニュースが報道されました。 www.komei.or.jp 最低賃金が上昇することは、嬉しいことですが、同時に消費税の上昇や物価の上昇で、コンビニなんかにいくと、なんかえらく食品高くなったなーという印象でした。PCも…

ポケモンGoは世間の話題をさらったけど僕らが期待したようなものでもなかったと思う

ポケモンGoを悪くいうとどこからか「出だしがすごすぎただけで今でも十分」とかいう人がわいてきて、なんだか悪くいってはいけない空気になっているのは、逆に不健全な気がするので俺はいいたいことをいってやる。 なんだろう。「アイデアというのは複数の問…

「しまう」日本の文化

今日、建物の取り壊しが進む小高にて、こんな話を聞いた。 「○○さん、建物これから壊すっていうのに障子張り替えているんだって」 「これって、俺達はなんとなく理解できるけど、外国人にはきっと理解されない感覚だよなぁ」 私も、なんとなく理解できる。自…

教育の壁

教育の壁とでも言うのだろうか。最近ぶち当たっている。 実践に向かっていくフェーズの人材育成で、壁にぶち当たる。 web制作講座をやらせてもらっているが、好奇心の壁を越えられない。教えてあげられても、彼らの好奇心が進み出すところまで勧めきれないも…

経営者として、人間として。

やっとのことでキャッシュフローが回るようになり、少しずつ業績も安定してきたので、先日従業員を雇用した。 従業員を雇うことは、資金繰り的な側面での不安が拭いきれず、不安になることも多い一方で、自分の仕事を気兼ねなく手伝ってもらえる人が居るとい…

震災直後に立ち上がったリーダーってせいぜい5年生だからな

別に自分の仕事ぶりに言い訳するつもりはないんだけど、ちょっと言いたいことがあったので言わせてほしい。 自分とか事業主になってようやっと1年のひよっこだから言うけど、震災直後に立ち上がったリーダーたちだって、たかだか5年生なんですよ。 まず経営…

たいてい助けてもらえる。

私は、人にお願いするのが下手だ。 頼られることは好きでも、頼るのは大の苦手で、 それがこのある程度のことなら何でもかんでもやれてしまう能力の源泉でもあると思っている。 でも、最近は何でもかんでも一人でやるには、いくらなんでも手が回らないし、考…

研ぎ澄まされた仕事は、安定の元にはない。

最近、研ぎ澄まされた仕事をしていない。 そんなことをふと思った。 いや、多分最大限の仕事をしているのだが、逆に言うと「最大限以上」の仕事をできていないのではないかと。 自分のできないことをしたり、自分の殻を破らなければ到達できないような、ヒリ…

大阪人の「知らんけど」は、他人の考えを受け入れる意思表明です。知らんけど。

最近、大阪人です~って話をすると 「大阪人って本当に『知らんけど』ってよく言うんですか?」 と聞かれます。 言われてみれば、そこそこみんな使ってる気もします。知らんけど。 オバカな会話から、真面目なトークまで登場します。知らんけど。 「知らんけ…

「他人のせいに出来る」というストレスフルな環境

前の職場の森山のことをよく知る人には驚かれるかもしれないが、 最近は半分くらいの日は7時半には起きて活動している。 いや、それが普通なんですけど。 逆に言うと普通のことが出来てなかったのが前の職場の私の風景で、私はそれ自身にも相当なストレスを…

NECのPCをWindows10にアップグレードしたら音がでなくなった

結論:ドライバーを入れなおすと直りました。 お客様から「なんか最近PC音でないんだけど」と言われて見に行ったら結構根深い問題でして。 音はミュートになっていない ハードウェアにボタンなどもない ドライバーは正常に動作していると表示している Youtub…

きちんと「謝る」。成果で報いる。

先週から今週は、期待頂いている方の期待に答えられない時間が続いた。 絶対に、こういう時はある。 でも反省しないといけない点、いくつかあるので今後のためにまとめる。 1)暖かく見守ってくださっている方に甘えてしまっている。 仕事をお願いしていた…

起業家の「社会起点」の意義、「自分を持つこと」の意義

今日はリクルートキャリアさんの企業研修の一部にかかわらせて頂く機会がありました。 その中でキーワードとして「社会起点」というフレーズが多用されていたのですが、 自分なりに消化しておこうと思ったので、 自分の一年半の事業生活を振り返りつつ、社会…

本気の地域ビジネスこそ、グローバルな視座なんじゃないか仮説

地域にグローバルな視点を、みたいなエントリーみて自分も思うことを書いてみようと。 自分は、表題のようなということを頭の中で考えてます。 【俺達って身近な「問題を解決すること」をおろそかにしすぎてたんじゃねーの?】 最近、グローバルには自動運転…

WindowsでAndroid開発をするときに、実機のドライバーが認識されないときの対処法。

Windows10, Windows8, Windows8.1でも共通かな? またWindowsへの呪いをため込んだ回です。 Androidの端末を接続して実機確認をしようとしたときに、 Android Studio上(というかWindowsで)で認識されない問題が発生しました。 解決することができたので、…

森山ってなにしてんの?という質問に対しての回答

というか、自分用に整理に近いかもです。 記事の目的としては 身近な人ですら「なにやってるのかよくわかんない」ッて言われることが多いので、説明用に整理 体1つで働くことへの感想を求められることが多くなった 地域で働きたいとおもっている人たちへ何…

新国立競技場問題に思うこと

新国立競技場問題はデザインが悪いとか、 お金がかかるとかいうことが問題なのではなくて、 その過程やら理由やら経緯が全く見えない、 明らかにならないことが問題なんだと思うんだけど、 なんだか最近の話題を見ていると問題が矮小化されている気がする。 …

信頼せよ、そうでなければ全部自分でやりなさい

他人は自分と同じ考え方ではないのだから、多少は考え方にズレがある。 それは自分にとってみれば「相手の能力が足りないからだ」と写るかもしれないが、 それを許容し、信頼し、激励することがマネジメントでは重要な要素であると思う。 あるいは、傾聴し、…

「段取り」の文化にみる関西と東北の文化性の違い

関西人と東北の人にはギャップがある、と感じる。 大阪人は「おもろかったらなんでもOK」なところがある。 失礼でも不躾でもなんでも、最終的に面白かったらOK. もちろん、失礼でかつ面白くなかったらそれは大批判を浴びることになる。 でも、そこは笑いのブ…

「コミットメント」に思うこと。

「それができなくなる、と思うと辛いか辛く無いか」 これだけでいい。自分は今やろうとしていることが出来なくなるととてもつらい。 なくなると辛いので、どうしても投げ出したくはない。 これを「生業」と呼ぶとしよう。 「生業」でないものを、「お手伝い…

信頼関係とは「同じ問題にコミットしているから分ち合おうぜ感」である

信頼関係とはなにか、と聞かれたら 「同じ問題にコミットして、一緒に解決しよう。だからその間の楽しみや苦しみを分ち合おう」 ということじゃないかと思ってきた。 だから、一方的に相手を攻撃したり、 自分の感情だけを吐露して生産的ではなかったり、 上…

取り組む問題は1つにフォーカスするより、複数の問題に着手したほうがいいかもしれない

僕は大学生のころから 「1つの問題にフォーカスし、資源を集中せよ」 とか 「複数の目的があると実施段階でぶれてしまい、良い解決ができなくなる」 といったことを言われてきて、そういうことを念頭においてきました。 一方で、最近の自分のアイデアや、面…

新しいことをやろうとすると体が震える問題

端的にいう。怖い。 自分一人の生活すら、安定しているのかどうかもわからない。 そんなときに誰かを巻き込めるのか。 新しいことをやろうとして、中途半端になって周りの人に迷惑だけかけて終わってしまったらと思う。 そんな気持ちで誰かを巻き込んでもい…

#南相馬 なんとかしたい。

とあるよくお付き合いのある事業者さんで。 その事業者さんではパートタイムで働いているお母さんがいるんですけど、 そのお母さんが今日付けで辞めることになって。 理由としては「生活費を稼ぐため(=今の仕事では足りない)」ということ。 でもそのお母…

「文化の違い」が「何もしない時」以上の摩擦を生むのはあまりにももったいない

ちょっと身近でこういう話があって、「田舎暮らし」という「文化的な違いのどまんなか」にいる身としてはいたたまれない気持ちになります。 「訪問先で出されたお茶を飲むのは失礼だ」という文化もあれば 「出したお茶に手を付けないのは失礼だ」という文化…

「何かの批判」は一番カンタンにできる話題づくりだからこそ気をつけるべし

普段だとそんなこともないのに、 ちょっと疲れてきたり、切羽詰まったりしていると、 ついついなにかを批判してしまいがち。 自分もつい最近立て続けにあって、話しながら「俺こんなこと話したかったんだっけ?」とか思いながら話してたりしたんですが、なん…

思いがけず独立・起業することになった自分が、1年間を振り返って重要だと感じたこと5つ

完全に思いがけず独立して個人事業主としてやることになり、少しずつ生活が安定に向かってきたのでここいらでこの1年をまとめておこうと思う。 独立して困ったこと お金がない 上手くいかない仕事が出てくる やりたいことに手を付けられない 今の状況が面白…

HTML上の年月入力にはbootstrap-datepickerが早くて便利

HTML上で年月日じゃなくて年月だけを入力したいときってありますよね。 そういうときに意外とググってもあまり情報がでなかったんですが、 bootstrap-datepickerを使うことで簡単に実装することが出来ます。 実装キャプチャはこんな感じ。 <input type="text" id="YearMonth" /> $('#YearMonth').…

なんとなく仕事のパフォーマンスが悪い時に確認しておくこと一覧

カラダのこわばり 自分はまずこれ。気付かないうちに腰や肩が相当こわばっていることが多い。 そういうときはストレッチとヨガをする。 運動不足 運動不足で根本的な体力が失われているケース。 そういうときは走る。 ストレス 対人関係で上手くいかないこと…

「被災地支援」が本当に支援になってるかは常に意識しておいたほうがいいよ

この3ヶ月南相馬市に移り住んで仕事をさせていただく中で、 被災地支援、被災地支援って聞くけど全然支援してねーじゃねーかって思うことがちょいちょいあった。 善意、悪意とわず、被災地支援という名目が実態を伴ってないことがあるよということで、周りの…

頼む、頼まれるをキッチリしなければ信頼関係は築けない

最近、個人として仕事をしていて強く思うことの一つが、 「頼む、頼まれるをキッチリしなければ信頼関係は築けない」ということです。 「頼む」をキッチリしていくということ。 自分が困った時、助けてほしい時に「頼む」ということをきっちりしていくこと。…

学部の(遠い)後輩が南相馬に飛び込んで来た話

僕のいた学部 僕のいた学部は立命館大学政策科学部というところです。 何をしているかわからない、という意見も多くいただく学部なのですが 基本的には「問題解決型の人間を育てつつ、社会政策の提言や実行を行っていく学問」だと理解してもらうのがわかりや…

仕事をやめてから約半年で考えたこと

結局何したのか 2月 色んな所に顔出し。面白いことがあったら飛び乗ってみた。手続き等グダる。 3月 面白そうだから南相馬でやってみようと決意。その後約1ヶ月先方音沙汰がなく手持ち無沙汰になって焦る 4月 しょうがないのでコンティンジェンシープランを…

南相馬に引っ越しました。

こんばんは。私です。 福島県南相馬市に引っ越しました。 といってもまだ仮住まいなのですが・・・ これから本格的に進めていこうと思います。 今後共よろしくお願いいたします。

ハッカソンで非エンジニアとして参加して優勝した話 #codefornamie

先日、こちらのハッカソンに参加して浪江賞(事実上の最優秀賞)をいただくことが出来ました。 浪江町住民のタブレット活用を考えるハッカソン@福島 http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11492 このハッカソンで目指したこと このハッカソンで目指した…

親しい友達でさえあなたの生活になんてほとんど興味がない

会社をやめてから三ヶ月位経ちました。 その間さまざまな人とライフワークについてであったり、仕事の依頼や労働力の提供、生活資金のための仕事の融通のお願いなどをしてきたのですが、ここで、改めて気付かされたことがあります。 親しい友達でさえあなた…

コーディネーターとして企画に参加させて頂いて思ったこと

2月の末ごろから現地の方々の意見を集約しまとめていくコーディネーターの立場として企画に参加させていただく機会があり、今も活動を続けていますが、そこで思ったことについて。 自分の意見はほとんどいらない Facilitatorをする時に意識していること まと…

オリジナリティを発揮しようとするとたいてい碌なことにならない

オリジナリティを発揮しようとするとたいてい碌なことにならない。 これは大概の局面でそうだと思う。 昔、上司にこんなことを言われたことがある。 「あなたは今ある技術かもしれないけど、それを持ってきてうちに適用しようとする姿勢があるところは評価し…

新しいことをするために、積極的に東京以外を選択する理由

※2014/03/16 大南さんの肩書きが誤っていたため修正いたしました。 近頃すっかり日本の地方の手先と化している気がします。私です。 3.11から3年たちました。当時は社会人として2年目だった私も、もう5年がたとうとしているという事ですね。 あのころは東京…

「オーナーシップ」をもう少し具体的な定性的指標に落とそうとしてみた。

「主体性」なんて表現したらわかりにくいから、考える オーナーシップは主体性なんて表現されるけどなんかわかりにくいし、 仮にそれを人に指摘するとして、主体性がないなんていったら大概の人は「そんなことない」っていうわけで、改善してもらうためにも…

僕は「きっと何者にもなれない」恐怖とこれからも対峙し続けるのだと思う

なんとなく、漠然とした不安に包まれたのでこういうことを心の整理がてら書いてみようと思います。 社会に対峙したとき、僕はあまりにもちっぽけだ。 社会にインパクトを与えられるような技術もなく、肩書もなく、人脈もなく、それほど計算高くもなく、政治…

能力のある人が働ける地域の戦略として、多拠点化を考える

問題意識 会社を辞める前からやめた後まで色々な地方にいったり、たくさんの方とお話させていただく機会がありました。 その際に強く感じたのは、もっと地域社会に貢献したいと思っている人材がたくさんいて、地方でもそれを求めているのに実際にはそうなっ…

退職後の役所の処理に入ろうと思ったら俺の手続きがぐだぐだだった件

こんばんは、私です。 今回はほぼ「ハッキリいって個人の日記レベル」です。 退職したので健康保険に入り直すため、ハローワークやら健康保険やらの手続きのためにいってきたのですが、かなりぐだぐだだったのでその日記です。 ハローワークに行こうとしたら…

地方に住む人にこれだけは言わせてほしい - 東京の「人のつながり」もかなり凄いんだぜ?

こんばんは、私です。 本日2個めですが、ちょっとこのテーマも書いてみたいとおもったので書きます。 僕がいろんな地方におじゃまさせて頂いていて、よく現地の方に言われるのが「地方には人と人とのつながりがある。マンションの隣の人も知らないような東京…

強みってなんだっけ? - 強みとかどうでもいいから興味に従って生きろよという視点

こんにちは、私です。 先日まで、京都府は京丹後市の方におじゃまさせて頂いていました。 その間ブログを書くのを若干サボってしまっていたので、またちょろちょろ書いていこうかなと。 ここ2週間とちょっとの間ですが、僕は完全な「個人」として活動してい…

東北に行ってきて感じた、これからの未来とその課題

11日まで石巻を中心に被災地周辺地域※にいってきました。 目的は明確にあったわけではないですが、この旅を通して被災地の問題を理解したり、刺激になるような話が聞ければいいなと思っていました。 主にRace for Resilienceというハッカソンのイベントに参…

ニートになったのでブログ書く@8日目 松島で個室温泉付きの宿に宿泊してきた

こんばんは、私です。 今、温泉に入っています。 今日はRace for resilience で蓄積された疲労を回復するため、松島にやって来ました。 楽しかったですが、開始前と開催中の2日間、ほぼ徹夜状態だったのでかなり疲れがたまっていたので、今日はゆっくりしよ…

ニートになったのでブログ書く@7日目 遠慮が招いた失敗

こんばんは、私です。 ニートになったのでブログを書くのも7回目ということで、一週間の間1日1投稿することが出来ました。 こういうの続かない私がやってるとか感慨深いですね。 今日は、Race for Resilienceという昨日からイベントに参加していました。 惜…

ニートになったのでブロク書く@6日目 サービスを立ち上げるときってモチベーション下がるよね

こんばんは。私です。 今日は、「サービス立ち上げようとすると途中でモチベーションさがる症候群」に東北でもかかってハッカソンのチーム崩壊しかけたので、それについてまとめてみようかと思います。 サービス立ち上げようとするとほぼ例外なく途中でだん…