右脳系エンジニアのブログ

エンジニアとしての生き方のプロトタイピング、新しい社会のプロトタイプづくりをしています。

【起業して2年】期待に応えようとしすぎて自爆してはいけない

f:id:Morilin:20170210175751j:plain

起業して2年がたった。

2016年は自分にとってとても厳しい年であったが、たくさんの学びが結果として得られたのだ、と思うために、自分を振り返ることにした。

結果として、「期待に応えようとしすぎて自爆する1年」だった、というのが現状の結論だ。

価値創造にコミットしすぎると爆発する

ビジネスの対価を得る=顧客に価値をもたらす の図式を頭にもっておくことは重要

「価値を出せていないからお金をもらってはいけない」の呪縛

ただ、2年目の僕はこの考え方にはまりすぎた。

「価値を出せていないからお金をもらってはいけない」の呪縛にとらわれてしまったのだ。

私は、次第にこんな考え方にとらわれすぎて、仕事を受けるようになってしまった。

  • ホームページを運用したところでこの顧客にはあまりメリットが少ないのだから、運用費用をとったら悪いなぁ・・・
  • このシステムを3年でペイさせるなら、このくらいの金額でやらないと・・・
  • この分野はまだ得意じゃないから、ためしにやってみて結果がでたら次の仕事でお金を貰おう・・・

こうすると、どんどん工数あたりの単価が低い仕事を受けてしまうことになる。工数単価が低いと、 顧客にプラスαで何か提案したり、一工夫して期待値を上回る仕事をするのが難しくなる。 そうすると、事業を成り立たせるためにまた細かい仕事を受けて・・・とどんどん負のループに陥っていったのだった。

f:id:Morilin:20170210181418p:plain

顧客が生み出す価値のことまで考え始めると、負の循環に陥る。みんな気をつけような

最終的に価値を出せるかは顧客の責任である

他責NGはすばらしいことだが、顧客の事業にまで他責NGの精神を持って行き過ぎると、危険になる。 なにより自分の事業の責任が疎かになる。

こんなことをいうとやや投げやりなのだが、 「その事業をやるかきめるのも」 「その金額で発注するのも」 「その事業がその金額でメリットを出せるか判断するのも」 全部「顧客」というのがまごうことなき真理なのだ

だから、自分は要求された仕事に対して、予算目一杯の仕事をするか、出された仕事に対して、きちんとした対価を提示していただくか、 しないといけない。

冷静になってみれば当たり前のことなのだが、渦中にはまっていると、まるで冷静でない中、気づくのに時間がかかってしまった。

コミットしたいなら、きちんとしたビジネスモデルと対価を

とはいえやっぱり価値のでないと自分が考えてしまう、納得しきれないものを提供してお金をもらっているのは、とても気持ちが悪い。

だからこそ、そういったことをなくしきちんと価値創出までコミットするためには、 きちんとしたビジネスモデルが必要なのだ、と思う。そして、それをできるビジネスモデルは、それなりの対価が発生するモデルでもある。

便利なものを安くすると爆発する

私は、この街においては、割と有用性が高い。コンピュータやデザイン、企画ができて話がぱっとちゃちゃっといい感じにしておくのは、私の得意分野だと思っている。

当然、そういう人材はなかなかいないので、いろんなところから、期待され、いろいろなお願いをされるのだ。

  • ちょっとパソコンの調子がわるいので、見てほしい
  • ○○の事業について考えているんだけど、相談に乗ってほしい
  • この資料をつくってみたのだけど、いまいちまとまらないのでアドバイスしてほしい
  • ○○のセミナーでちょっと1時間ほどしゃべってほしい
  • ○○の活動について、取材させてほしい

f:id:Morilin:20170210180151j:plain

こういうのを、顔出したついでなんで~とかいってロハに近い値段でうけたりと、時間を使ってしまっていた。

先に待ち受けているのは、信用してくれている人の信用Ptの消費

こんなふうに、いろんなところにちょこちょこ顔をだしては、よろず屋よろしくで解決していくということを 続けていたら、当然ながら仕事が溢れた。

結果として、どうなるかというと、自分を信頼してくれる人から待たせることになる。 「ちゃんとやっているってわかっているから、待つよ」といってくれる人を待たせてしまうことになる。 どんどんクイックレスポンスができなくなり、信用ptをどんどん消費していく。

こんな沼にはまっては行けないのだ。

便利なものは高い

世の中、便利なものは高い。

すぐにとどくAmazonお急ぎ便はプラスの料金かプライム会員にならねばならないし、 快適に処理ができるスペックの高いPCは高くなるし、早く移動できる新幹線は鈍行列車より高いのだ。

これから、沈まないため、沈んだ時に脱するための戦略づくり

私はこの1年くらい、この沼にハマっていることに薄々気づきながら、たぶんすごくもがいた。 じゃばじゃば動けば動くほどずぶずぶハマっていく沼に、焦ったりもがいたり落ち込んだり苦しんだりしながら、 なんとか沈まないようにやってきた。

結果的に、ここ数週間でなんとなく沼を抜け出せそうな兆候が見えたので 振り返りがてらまとめてみた。 これから、この状況をうまくだっして、経営者として一皮むけるために戦略を立てていくことにする。

もし、これをみて、「あー、そういえば森山こんなんだったな」ってなった方は今年はもう少し上手くやるので これからも応援してください。おねがいします。

無事抜け出せたら、処方箋編を書きたいと思う。

最低賃金の上昇で、低所得層の暮らし向きは豊かになるか

最低賃金を24円上昇させる方向で調整、というニュースが報道されました。

www.komei.or.jp

最低賃金が上昇することは、嬉しいことですが、同時に消費税の上昇や物価の上昇で、コンビニなんかにいくと、なんかえらく食品高くなったなーという印象でした。PCも高いし、まったく暮らし向きなんて楽にナッテネーンジャネーノ?

ということで、調べてみました。

f:id:Morilin:20160826115211p:plain

統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI)

から、中項目を適当に間引きました。そこに一定の恣意性が加味される可能性は織り込んでください。

データの見方

増税前の2013年7月と2016年7月の物価上昇率を並べてみました。赤線が今回のニュースが発表されるまでの最低賃金(764=>798円)の上昇率で、緑の線が今回上がった最低賃金(822円)を加味した上昇率です。 左のメモリは2013年7月を1とした基準なので、真ん中より上のものは物価が上昇していて、真ん中より下のものは物価が下がっています。

赤線を超えているモノが、最低賃金で働く人にとっては以前より手に入れづらくなっているもの、下回っているものが以前よりは楽に手に入るようになったものです。

これが、今回の発表によって、緑の線まで押し上げられます。

データから分かること

物価上昇率が高いのは家事雑貨・身の回り品(歯ブラシとかなのかな?)・食料ということでいかにも必需品といった具合。

その後に交通、たばこ、外食など、低所得の人ほど消費額のウェイトが多くなりそうなものが並んでいます。

光熱水費や家賃などは全体としては少し下がっているみたいです。ホントカヨー。

結論としては、現状、たぶん低所得者の暮らし向きは厳しくなってそう。

今回、時給に切り替えた02年度以降最大の上げ幅ということで、これがそのまま策定され、物価の上昇も緩やかに進んでくれれば、TOP3位以外の物価上昇は賃金上昇を下回ることになります。

必需品ほど高くなっている物価上昇をコントロールしてほしい

アベノミクスについて語るほどの舌をもっていないため、それについて語りませんが、 今回データを調べて分かったのは必需品と思われる食品・身の回り品の上昇率がかなり高くなっていることです(これは皆さん自身の感覚としてもそうだと思います。)

政府には低所得者の暮らし向きがあまり改善されていない現状をしっかり見つめ、何か対策を考えて欲しいなぁ、という小市民の意見でした。

ポケモンGoは世間の話題をさらったけど僕らが期待したようなものでもなかったと思う

ポケモンGoを悪くいうとどこからか「出だしがすごすぎただけで今でも十分」とかいう人がわいてきて、なんだか悪くいってはいけない空気になっているのは、逆に不健全な気がするので俺はいいたいことをいってやる。

なんだろう。「アイデアというのは複数の問題を一気に解決してしまうようなものである」という考え方が強く浸透した任天堂が生み出したポケモン、その名前を冠したゲームであるからには、ポケモンGoもそうであるに違いない、といった期待感が大きすぎた。

ポケモンGoに求めていたのは、「ここに行けばこんなポケモンがいるかもしれない!」という探検心をくすぐるところとか、ポケモンを戦わせて強くなったら、また手に入るポケモンがふえる、みたいな成長要素とか。 ARで現実世界にポケモンの世界が融合した!みたいなワクワク感だった気がする。

あるいは、ゲームだけにとどまらない、現実のマーケティングや地域振興に影響を与えることで、これまでとは違う人の流れを生み出すことだったと思う。

現実には、ポケモンは人がたくさんいるところにわいてきて山や海を探索する意味なんてほとんどなかったし、レベルを上げるには最寄りのポケストップでルアーモジュールを巻いてるのが一番の近道だし、ARモードなんてもはやだれも起動してないよね?

f:id:Morilin:20160825195206p:plain こんな感じで私の家の周りにはなにもないわけだが

山海くらいのざっくりした分類はあるみたいだけど、人が寄り付かないところにいるポケモンとか、逆に人がたくさんいるところにいるポケモンとか、探索しがいが欲しかった。私の家の近くはどこを歩いても虫、鳥、鼠とイーブイ。田舎なのでこんなもんだろうと思いつつ、Lv10を過ぎたくらいから少しずつ水ポケモンなども出てきたが、別に彼らが出てくる必然性を感じなかった。

ポケモンでは戦いを挑んでくるトレーナーが、新しいポケモンの存在と、もしかしら近辺にいるのでは?というヒントを提供してくれたが、そういうものもなく、ただひたすらに起動しておくしかない。情報交換?周りにプレイヤーいねぇよ?

世界規模で公開するゲームだから地域の特性を生かすのは難しかったにしても、もう少し場所によって色を感じられる仕様だったらよかったなぁと。山でも市街地でも出てくるポケモン一緒だもん。鳥、鼠、虫。

もう何だったら福島原発の近くに遺伝子改造で生まれたミュウツーとか出てきたら最高にロックだったと思う。

なにより、都会との格差を感じた時点で激萎えしたし、ジムなんてもはや一部の廃人のものだから中位層以下にはシステムとして機能してない。田舎者には辛い仕様である。

最近、地方格差を解消する方向で動くというニュースが発表されたが、はっきりいって「本来もっとも重要な要素として考慮されるべき土地・場所の違い」を想定していなかった、という時点でポケモンGoにそこまで話題にするほどの価値を見出せないと感じている。田舎民にはすでに十分、非情なまでの都市部との格差を見せつけられた。だいたい俺たちよっぽどじゃないと生活圏で歩かないんだから、卵なんて孵化できるわけないじゃん。

ポケモンGoをきっかけに地方でも何かできるかな、という期待感があっただけに、非常に残念である。

「しまう」日本の文化

今日、建物の取り壊しが進む小高にて、こんな話を聞いた。

「○○さん、建物これから壊すっていうのに障子張り替えているんだって」 「これって、俺達はなんとなく理解できるけど、外国人にはきっと理解されない感覚だよなぁ」

私も、なんとなく理解できる。自分はやらないが。

日本人はものを片付けることを「しまう」とか「始末する」とかいうけど 「終わらせる」ということは「片付ける」と似たような感覚なのかもしれない、とふと思った。

終わらせるからこそ、キレイに始末する。

んー。親に「ほったらたかし」と呼ばれる私には似合わないね。

教育の壁

f:id:Morilin:20160220135638j:plain

教育の壁とでも言うのだろうか。最近ぶち当たっている。

実践に向かっていくフェーズの人材育成で、壁にぶち当たる。

web制作講座をやらせてもらっているが、好奇心の壁を越えられない。教えてあげられても、彼らの好奇心が進み出すところまで勧めきれないもどかしさを感じている。どうするのが、良いのだろう。

経営者として、人間として。

やっとのことでキャッシュフローが回るようになり、少しずつ業績も安定してきたので、先日従業員を雇用した。 従業員を雇うことは、資金繰り的な側面での不安が拭いきれず、不安になることも多い一方で、自分の仕事を気兼ねなく手伝ってもらえる人が居るという意味では極めて心理的によい効果があった。

早速色々な作業を任せたりしているが、先週はとにかく時間がなく、ほとんど様子を見れなかった。 さらに週末は、イベントの手伝いをしてもらったが、準備も不足し、当日もろくに指示も飛ばせず、 せっかくの時間をムダにさせてしまったように思う。

会としては形に収まったように思うが、従業員だけではなく、手伝ってくれた周りの人も精神的に疲弊させてしまった。

本当に申し訳ない気持ちで一杯である。

経営者として失格、くらいですめばいいのだが、人間としての欠損があるのかもしれないなんて考えてしまう。

震災直後に立ち上がったリーダーってせいぜい5年生だからな

f:id:Morilin:20160216211145j:plain

別に自分の仕事ぶりに言い訳するつもりはないんだけど、ちょっと言いたいことがあったので言わせてほしい。

自分とか事業主になってようやっと1年のひよっこだから言うけど、震災直後に立ち上がったリーダーたちだって、たかだか5年生なんですよ。

まず経営のことなんてわからないことが多いし、経営がわかっても地域づくりなんて経営学フレームワークが全部使えるわけじゃないし、リーンキャンバスとかの使いやすいフレームワークですらあんまり役に立たない時が多かったりするんだよね。シンプルな経営してないから。   だから、失敗する。めちゃくちゃ失敗するし、繕ったそばからいろんなところでポロポロこぼれだすし。

ヴィジョンも共有したいし、KPIも5年後の組織像も考えたいけど、それを整理してくれるスパーリング相手もいないし、頭の中グッチャグチャなままやってるはずだと思うんだよ。

事務とかもどんどん後手後手になるし、何か決断せまられてもこの一歩踏み間違えたら即死みたいな環境での判断なんか、どうやっても時間かかるよ。

それに反して、メディアの人たちはどんどん食いついてくれる。面白いプロジェクトだって取り上げてくれる。 どんどん周りの期待が肥大化していって、でもやれることはいきなり増えない。

さらに、それを見て「一緒にやろう!」って言ってくださる方が増える分、時間は削られていくし。 結果、その分どんどん自分の出来ることと期待が乖離していく。この状況に耐えるのだってかなり辛い。 宣言したことが上手くできないことなんて数えたらいくらでもある。

私はここでうまく行かなかったら別の場所に逃げられるけど、地元で立ち上がった人たちってそうはいかないわけでしょ。今のやってることの成否がヘタしたら自分の一族郎党までの評価になるとか考えたら頭おかしくなりそう。でも地域のリーダーみたいな人たちは、人によってはそこまで背負ってやってるわけやん?

私はこの街に「役に立つ」つもりでここに来てるから、私がここにいて、穀潰しになって役に立たないのは批判されてしかるべきなんだけど、 必ずしも地域でリーダーやってる人たちが「役に立てる」なんて思ってやりはじめたわけじゃないとおもうんだよね。 大半の人たちが自分に出来ることがあるかなんてわかんないけど、それでも立ち上がらずにはいられなかった人たちが、今この場所に立ってるってこと。

そういう人をさ、なるべく「評価」するんじゃなくて、上手くできるように一緒になって考える立場でありたいなって思うんですよ。 いや、まず自分の生活考えなアカンのやけど。

うーん、何が言いたいのかわからなくなってきたけど、これからも和田さんの活動とか、フロンティアさんの活動とか、コンソーシアムさんのやりたいこととか、若松さんが鹿島で盛り上がっていきたいみたいな気持ちを応援したいってことです。これからも一緒に遊んでくださいね!ありがとうございます!

リーダーになるために 新装版

リーダーになるために 新装版